ブログときどきオトン

ブロガーを目指すオトンのブログ

cote & ciel(コートアンドシエル)Isar Rucksackを買ってみた。

スポンサーリンク

f:id:coizne:20171007091002j:plain

こんにちは、オトンです。

先日44歳になり自分へのご褒美とこれからも仕事頑張るぞということで奮発してコートアンドシエルのバッグ買っちゃいました。
イザールというちょっと変わったかたちのバックパックです。

買ったのは並行もの。
正規店で買うと4万円近い高いバッグなんですよ(・・;)

cote&ciel / ISAR M

唯一無二のカタチが良い。

f:id:coizne:20171007091053j:plain

はっきりいうと変?なカタチしてますよね。
なんか袋のような。ヒョウタンのような。
我愛羅みたいな感じです。

変なもの担いでんなぁというのもいいじゃないですか。
ただ荷物運んでるより楽しいですよ。

ジョブズも愛用したコートアンドシエルのバッグ。

f:id:coizne:20171007091031j:plain

ジョブズといえば身に付けるものへのこだわりが凄い人ですよね。ルノア、イッセイミヤケ、リーバイス、ニューバランスといった値段じゃなくて本当に良いもの、気に入ったデザインのものにこだわりを持ってますが、つまりジョブズがMacBookを運ぶのはこれだ!と決めたわけですよね。

まぁ、このカバンのメインの玉座はノートパソコンを入れるスペースなんでパソコンバッグです。はい。

マテリアルについて。

f:id:coizne:20171007091146j:plain

わたしは今回ブラックのMを購入しました。グレーだとフェルトぽい生地のようですね。ブラックだと完全にポリエステル素材のバッグです。

グレーのほうが汚れが気になるかなとブラックにしたのですが、以前使っていたバッグもそうだったのですが、黒の方が白い汚れがついて目立つんですよね。

まだ買ったばかりというのもありますが、白く付いた汚れがやけに気になりますね。

そのうち味わいとなって慣れると良いですが。

感触はどうか。

f:id:coizne:20171007091107j:plain

担いだ感触はけっこうカッチリしてます。
新しいせいもあるかと思いますがカッチリとして硬い印象です。

背中の部分がちょうどパソコンが入る部分でもあるせいか生地も肉厚で丈夫な造りですね。

f:id:coizne:20171007091429j:plain

使い勝手は?

f:id:coizne:20171007091325j:plain

サイドに定期券を入れるポケットがあるので何とか普段使いでも許せるレベル。

前に使っていたニューエラのラックサックとこの部分は変わらないかな。

store.neweracap.jp

それ以外はお世辞にも取り出しやすい位置に口があるわけではないですが背中側の内側がガバッと開く形状であったり、フロント部の何でも入る部分はトートバッグ感覚で使えます。

f:id:coizne:20171007091224j:plain

ポケットが多いわけじゃないので使い勝手は大味ではありますね。しかし、この特殊な形状からのクッション性能はなかなかのものです。

多少乱暴に扱っても中のパソコンは何ともないんじゃないかという包み込むような安心感があります。

総合評価。

カバンの自重が結構あるので物を入れてなくてもどさっと肩に重みを感じるので、軽さを求めるならNGだと思います。

それと結構カタチが大きいので満員電車だと少しスペースが気になるかな。

前掛けに担ごうとすると取っ手の部分が首にかかるので少し苦しいです。

悪い点も目立ちますが、カタチの良さや重さの原因でもある堅牢性の高さなどは評価にじゅうぶん値しますまし、天邪鬼なわたしにとってはニューエラのラックサックが売れてるせいかよく見かけるのに対して、あまり見かけないというのが良いですね。

何より独特な美しい形状は所有欲を満たしてくれて愛着が湧きます。

道具ってこうじゃないとですね。

オトンは思った。

ほとんどスマホで済ませられちゃうので、毎日パソコンを持ち歩くことは無いが、いつでも持ち歩いて何処か出かけたくなるような使う人をワクワクさせるカバンだと思います。

相変わらず断捨離できずに気に入った物が増えていきますが本当に気に入ったものだけ最後に残すならコレという一品に出会えたので今回は満足です。

では!

© 2017 ブログときどきオトン