ブログときどきオトン

飽くなき好奇心で生産し続けるブロガー。

スポンサーリンク

仮想通貨でまた問題これからの通貨をどう考えるか。

スポンサーリンク

いまいちばん熱い注目を浴びているのが「仮想通貨」。そんななか仮想通貨取引所の事件・事故が後を絶たない。

有名どころといえば仮想通貨が消滅するという意味で用いられる「GOXする」の言葉をうんだ「マウント・ゴックス」の横領事件、そして「ヤバイよ、ヤバイよ」が現実化してしまった感の出川氏がCMをつとめた「コインチェック」の海外から不正アクセスによる送金問題など。仮想通貨をよくわかっていない人にはまたまた風評被害が広がると思われる。

いずれにしても仮想通貨の問題ではなく仮想通貨取引所のヒトやシステムのセキュリティホールの問題。銀行でも同じく管理があまければお金は取られてしまうわけでお金が悪いわけではないのでそこは勘違いしないように。

おかげでまた相場が落ちてきてるのでがっかりしているヒトも多いはず。せっかく盛り上がってきたのに水を差すかたちとなって残念だ。

投機は気をつけたい。

仮想通貨を投機目的で利用しているヒトたちがいる。テレビでもお笑い芸人のあいだでビットコインが流行したとか話を聞いたりもした。

確かに相場が上がれば利ざやで稼げるのは事実であるが株式であろうがFXであろうが同じこと、さらにビットコインの場合は存在はともかく国や会社に帰属していてコインを保証してくれているわけではないので最終的には自己責任となる。

https://www.google.co.jp/amp/m.huffingtonpost.jp/amp/2018/01/27/coincheck_a_23345373/www.google.co.jp

今回のコインチェックのように補償してもらえるのは運が良いとしか思えない。下手したら取引所は倒産だろうし補償もすぐに受け取れるかなんてことも過信できない。

そう訊くと仮想通貨の何が良いのかすら怪しく思えてくると思う。

マイニングと投機は違う。

仮想通貨を掘ることで得るマイニングは現金で仮想通貨を買い利ざやを得る投機とは違う。

といっても消失するリスクがないかといえば0ではなく、投機と同じく仮想通貨取引所に置いていれば倒産やハッキングのリスクからは逃れられない。

そのため「ウォレット」とよばれるコインを貯めておく入れ物をどこに置くかが重要だ。

  • 仮想通貨取引所
  • オンラインウォレット
  • ローカルウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

いろんなウォレットがあるが手元に置けるペーパーやローカルウォレットが比較的安心できると思う。

www.tottemoyasashiibitcoin.net

ドラクエの復活の呪文のようだが仮想通貨は例えば盗まれたとしても全て足跡が残るためウォレットに移した情報も暗号で戻すことができるというものだ。

現金の振り込みと同じでコインを動かすたびに手数料やサービス料が発生するのであまりいろんなところへ移すのは得策とは言えないが自分の身は自分で守るぐらいできないと被害にあってからでは遅いのだ。

仮想通貨は余剰資金で。

仮想通貨の投機は話題ではあるけど長い目でみた投資で考えないと先日のようにビットコインが100万円も下がるんじゃ怖くてやってらんないじゃないかな。

だからこそ投資運用にまわせる資金でやったほうが良いです。といっても元手も余剰資金もないヒトはどうすれば?

わたしはマイニングをオススメします。もちろん多額の資金をつぎ込んでファクトリーマイニング基地をつくるのも良いですがそれじゃ投機と変わりません。

しかし設備が整えばあとは掘るだけですので現金で仮想通貨市場に乗り込むよりはマイニングの方がオススメですね。

www.tokidokioton.com

www.tokidokioton.com

仮装通貨は決して怪しいものではありません。もともと送金手段であったり統一通貨を目指したものでまだ運用が確立されていないところがあるのも事実。そのうえ新しいコインもどんどん生まれてくるし価値の変動が目まぐるしく起きてるような感じです。

だからといって短期的に儲けようとか間違った考えさえ持たなければ新たな通貨の波に乗って体験したりお金を貯めたり既にお店で通貨として使えるところもありますからこれからは決済手段としても有望なんです。

仮想通貨にマイニングからはいって生い立ちから関わってみると楽しいですよ。

スポンサーリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2018 ブログときどきオトン