ブログときどきオトン

飽くなき好奇心で生産し続けるブロガー。

スポンサーリンク

かっぱ寿司が回らない寿司屋になっていた!?

スポンサーリンク

こんにちは、こーんです。

お姉ちゃんの卒業のお祝いのリクエストでかっぱ寿司に行ってきました。

何かおかしい

席に案内されて気がつくまでに時間がかかったのですがお寿司が回ってないんです。

ああ、回らない寿司屋になっていたんですね。
注文は全てタブレットで行う完全オーダー制。

ええ、しばらく来ないうちにえらく変わってしまったものだす。

そういえば買収されてたんですね。
前に見た覚えが。

それにしても回らない寿司屋にしてしまうとは大胆ですが回ってるお寿司に目を奪われてついついなんて楽しみが減ってちょっと寂しい気もしますね。

www.itmedia.co.jp

配達用の新幹線に見立てたトレーが忙しく走っております。

座ってすぐ食べられるのが良かったのになぁ。

と、まだひとりブツブツと呟いている横で家族は気にもせずどんどん注文しております。

お寿司が回らないのでわさびも備え付け。
完全セルフサービスです。

アイドルに詳しくないのですが「チームしゃちほこ」と、かっぱ寿司がコラボしてるんですね。

ももクロと同じ事務所ですかなるほど。

www.kappasushi.jp

お寿司が届くと席に備え付けのタブレットがお知らせしてくれます。

これは以前と変わらず。
システムがいろいろと変わっているので逆にホッとしますね。

タブレットが席の真ん中に置かれているので片側の席しか見れないので取り合いになります。

食べてると違和感に気がつくのですが皿が角皿でまとめて届くのでどのぐらい食べたのか分からないんです。

そこはタブレットなのですべてお会計は画面から確認できます。

お皿の計算と皿が一緒に来るので取り分けたりしなくてはいけないのと少しだけ面倒ではありますね。

回転寿司業界も大変ですよね。

回っているお寿司もなんとなく見てて廃棄扱いになるものも多いのだろうなと誰もが思っているはず。
といって回ってないとこれも寂しいもので複雑な気分。

回らないお寿司なら普通のお寿司屋さんと変わらないわけですね。
なかなか近頃普通のお寿司屋さんが少ないのと子どもたちは回ってるお寿司でお腹いっぱい食べるのが好きですからね。

顧客層はファミリーや年配者が中心でしょうからこのタブレットオーダーシステムのみのお寿司屋さんが果たしてこのまま生き残れるのか興味深いですね。

なにより子どもたちが満足してくれれば親としては良いのでいろんな趣向で楽しませてもらえればと思います。

ではでは。

スポンサーリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2018 ブログときどきオトン