ブログときどきオトン

飽くなき好奇心で生産し続けるブロガー。

スポンサーリンク

町山智浩「今のアメリカがわかる映画100本」を読んでみた

スポンサーリンク

こんにちは、こーんです。

このブログでも映画を紹介してますがそのほとんどが町山智浩さん著作の「今のアメリカがわかる映画100本」から紹介しています。

私にとって本書はいま映画を見るにあたっての道しるべになっています。

今のアメリカがわかる映画100本

今のアメリカがわかる映画100本

わたしが元宝島読者だからなのかわかりませんが雑誌や書物に現代社会を映し出す町山さんのコンテンツが好きなんですよね。

意識しているわけじゃないのにそれにぶつかるということは同じ方向に刺激をもらっているということなんだと思います。

現代史というか21世紀史でいえば人種問題や民族、宗教紛争、LGBTしかりトランプ政権しかり渦中の中に生きているわけですが時代を写す鏡として映画があるって皆さん知っていましたか?

わたしにとってずっと映画は娯楽で各カテゴリに一定のファンがいて最小限そのマーケットに向けた映画が作られていらとばかり思っていたのですが、映画とは現代を写す鏡であり政治色の濃いものということが本書を読むと良くわかります。

そういったフィルターを通して観ると映画が何倍も面白くなりますよ。

おすすめなのでぜひご一読を。

これまで紹介した作品

www.tokidokioton.com

www.tokidokioton.com

www.tokidokioton.com

www.tokidokioton.com

www.tokidokioton.com

www.tokidokioton.com

www.tokidokioton.com

www.tokidokioton.com

www.tokidokioton.com

www.tokidokioton.com

www.tokidokioton.com

HuluやAmazonプライムで殆どみられる作品が中心ですがまだまだ観れてない作品が数多くあるのでレンタルなどして観たいと思います。

人生観が変わるおすすめの作品ばかりなので是非観てみてくださいね。
もちろん本書といっしょに観ることをおすすめします。

ネタバレとかそういうんじゃなくて観る前にポイントして知識を入れておくと映画が何倍も楽しく観れますからね。

ぜひ!

今のアメリカがわかる映画100本

今のアメリカがわかる映画100本

スポンサーリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2018 ブログときどきオトン