ブログときどきオトン

飽くなき好奇心で発信し続けるレビューブログ

スポンサーリンク

Google Chromeでダウンロードできなくなったときの対処法

Macbook ProにAdobe CreativeCloudをインストールしようとしていたところこの表示が現れてダウンロードができませんでした。


この種類のファイルはコンピューターに損害を与える可能性があります。
CreativeCloudInstaller.dmg のダウンロードを続けますか?

ダウンロードを続けますか?といわれても「破棄」しか選択肢がないという…理不尽な。

Macのセキュリティの設定かな?とあれこれ調べたところChromeのダウロードの設定でした。

解決しましたがダウンロード設定で回避できるという理由がよく分かりませんでしたが…

以下の方法で回避できます。

設定方法

Google Chromeの画面右上の点3つで表示されている「設定」メニューを開きます。

f:id:coizne:20180405091153p:plain

設定の1番下までスクロールしてさらに「詳細設定」に入ります。

詳細のなかに「ダウンロード」についての設定がありますので「ダウンロード前に各ファイルの保存場所を確認する」のボタンをクリックしてオンにしましょう。

f:id:coizne:20180405091716p:plain

設定画面を閉じて再度ダウンロードページからダウンロードファイルを選択しましょう。

その名の通りですが保存場所を決めるダイアログが表示されるので保存ファイル名と保存場所を決めたら「保存」をクリックして完了です。

f:id:coizne:20180405091207p:plain

自動保存だとアラートが表示されて保存できないのに、保存場所を指定すれば保存できるようです。

今回はAdobeのCreativeCloudのダウンロードでしたがdmg(ディスクイメージ)ファイルのためかアラートが表示されてダウンロードが無効になりましたが、保存場所と名前を設定して落とせばアラートが出ない謎仕様が原因でした。

バージョンアップで解決するようになるかもしれませんが同じようにファイルの種類によってはダウンロードできなくて困ったというかたはお試しを。

スポンサーリンク

毎週金曜日23:00〜ゲーム実況配信

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2018 ブログときどきオトン