ブログときどきオトン

飽くなき好奇心で発信し続けるレビューブログ

スポンサーリンク

3周回って好性能キーボードにたどり着く サンワサプライの「SKB-SL17BKN」

パソコンでゲームをする人はキーボードやマウスにこだわる。

これ常識のはなし。

FPSやRTS、MOBAタイプのゲームをする人はほぼ9割の人は自分に合ったゲームで使いやすいデバイスを吟味しているかと思います。

わたしもこれまで1万円を超える高級キーボード東プレの「Realforceシリーズ」やゲーム用のキーボードとして「Razerゲーミングキーボード」そして「Logicoolゲーミングキーボード」と使ってきたのですがRealforce以外みごとに壊れてました……

ロジの場合はわたしがコーヒーをこぼしたのが原因ではあるのですがスイッチの接点がおかしくなったのと分解してクリーニングしないととても使えそうにない状態に。

いっぽうRazerのほうはキーのチャタリングが2箇所で発生して誤入力を招くため現役を引退させました。

www.tokidokioton.com

それと同時にロジのマウスG310も壊れてしまい悪いことは連鎖するんですよね。なぜか。

せっかく気に入っていたのに最悪。

www.tokidokioton.com

とにかく買っても買っても壊れるか壊すかなんですね。

モノですからいつかは壊れるものですが堅牢性が高そうに見えても意外にそうでもないのでデバイスに高い投資をするのがアホらしくなってきた今日このごろ。

サンワサプライ SKB-SL17BKN

そして出会ったのがこれ。サンワサプライの「SKB-SL17BKN」なんです。

アイドルグループみたいで覚えやすいでしょう?ソンナコトナイヨー……

サンワサプライ USBスリムキーボード(テンキー付き) ブラック SKB-SL17BKN

サンワサプライ USBスリムキーボード(テンキー付き) ブラック SKB-SL17BKN

このキーボードの特徴はキーボードは主にボタンの構造によって「メンブレン」「メカニカル」「パンタグラフ」3種類種類がありますがパンタグラフ式のキーボードになります。

パンタグラフ式はノートPC用のキーボードやスマホ用のコンパクトキーボードなどで用いられている形式で薄さと同時に水平方向へメカニカルぽくブレの少ない入力ができます。

ゲーミングキーボードにしなかったわけ

普通のゲーマーなら見向きもしないでしょうね。
廉価版のキーボードなんて。

値段は2,000円を切る価格設定。
ゲーミングキーボードなら5個は買えます。

そうなんです。

散々キーボードを壊してきたからというのもありますが、キーボードはわたしから言わせると消耗品なんですよねー。

高いキーボードを買っても直ぐ壊れるし……

半分冗談で半分本当ですが。

それとゲーミングキーボードでパンタグラフてあるようで無いんですよ。ゲーミング用のノートパソコンならありますが。

考えてもみればノートパソコンってパソコンよりキーボードが壊れたって記憶はわたしの中では無いです。

パンダグラフ式て意外とタフなんですね。

ノートパソコンて案外強く打鍵していまうけどなかなかどうしてキーボードは頑丈なんです。

薄型にして、頑丈いうことなし。

キーストロークが実はポイント

ゲームて瞬時にボタン操作が必要な場面が多々ありますが、キーボードって押し込むまでのストロークがメカニカルもメンブレンもそれなりにあります。

例えばロジクールのG610だとキーストロークが4mmですね。

gaming.logicool.co.jp

対してSKB-SL17BKNはというと2mm。
つまりツン!と押せばパッと入力できるということです。

これの立ち上がりの速さがゲームだととても大事。

ゲームによっては音ゲーのようにタイミングよく叩く必要があるものなど若干のタイムロスが命取りになるケースもありますからね。

www.sanwa.co.jp

堅牢性もですが耐久性も高いと思います。
パンダグラフ式を壊したというと記憶はありませんので。

テンキーありかテンキーレスか

SKB-SL17BKN ですがテンキーレスのSKB-SL18BKNもあります。

わたしは最初テンキーレスタイプを買ったのですが机が狭い方やFPSをプレイする人には良いと思います。

テンキーの分マウスとキーボードの位置が近くなるので腕を広げなくて良いので操作性が良いです。

MOBAやRTSなどをプレイする人はテンキーを使うこともあるのでテンキーありのほうが良いですね。

サンワサプライ USBスリムキーボード(テンキーなし) ブラック SKB-SL18BKN

サンワサプライ USBスリムキーボード(テンキーなし) ブラック SKB-SL18BKN

とにかくコスパが高すぎる

パンダグラフ式がどうしても苦手という方にはおすすめしませんがこの値段でこの性能は他に無いです。

いろんな周辺機器メーカーのキーボードも触ってみたのですがこのシリーズがわたしのなかではピカイチですね。

ゲーマーのみなさんもゲーミングキーボードだけじゃなくてこういった趣向もたまにはどうですか?

わたしの場合はあれこれ買っては壊してこのキーボードにたどり着きましたけども値段と使い勝手は比例しませんのでぜひお試しください。

そしてブロガーとして肝心のタイピングについてですがわたしはこのタイピングも特に気に入っております。

強いて言えばパームレストがほしいですが薄型なので合うパームレストが見つからないのですが何とか探し出してまた紹介したいと思います。

ではでは。

スポンサーリンク


発毛に効く3つのジェネリックとは?

毎週金曜日23:00〜ゲーム実況配信

こーんが普段使っているモノ

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2018 ブログときどきオトン