ブログときどきオトン

飽くなき好奇心で発信し続けるブログ

パソコンを軽くして最速にする方法
ゲームを最高のパフォーマンスで遊ぶためのメモリ解放について
メガネの合わせ方とズレ防止鼻パットについて
チプカシ(チープCASIO)A168WA-1とA158WA-1JFを買ってみた
マツキヨのエナジードリンクが最強らしいので飲んでみた
オピネルNo.9を買ったので定番儀式のオイル漬けをやってみた
メガネのズレ落ち防止にシリコン耳フックが思ったより良かった
電池交換

スポンサーリンク

ホンダ アシモの開発辞める……アシモセンパイおつかれさまでした!

ホンダがアシモの開発を辞めたそうだね

はい、ロボットといえばアシモパイセンだったのでわたしたちのアイドルの引退は悲しいです

わたしだと安室ちゃんの引退みたいなものか……

japanese.engadget.com


f:id:coizne:20180628160935j:plain

先日、お台場の科学未来館へ行ったところホンダの「UNI-CUB」の展示をしてましたけどアシモの技術を使っているみたい。

すばらしいですね。

f:id:coizne:20180628161151j:plain
www.honda.co.jp

こういった製品を生むのはもともと農機を作るところからはじまったホンダならではだと思いますし、プライベートジェット機から芝刈り機まで作ってしまう同社の凄さですよね。

自動車メーカーとして他の自動車メーカーにはないこういった何でも作ってしまうスピリットを持ちながらF1やMotoGPといったレースの世界でもその名を轟かせる同社にはとても興味があるのと昔からのファンのひとりです。

わが家もクルマはステップワゴン、バイクはスーパーカブという根っからのホンダファンです。

www.tokidokioton.com

その日はいつかやってくる

人間にとってロボットが必要な時代がやってこようとしています。

高齢者の増加や労働人口の減少などこれからの日本には少し暗いイメージがいつもつきまといます。

それと同時にVRやAI、ロボットやディープラーニングといった新情報産業におけるキーワードや次世代を担うといった希望と緩やかに実現に向かっていく雰囲気を感じます。

www.google.co.jp

ロボットといえば古くは鉄腕アトムや鉄人28号、実用化といえばソニーのアイボといいPepperといい日本人にとってロボットは身近な存在であったりします。

いつか私たちの生活にもロボットと一緒に生活する時がやってくるでしょう。

とくに高齢化とともに生活補助として、話し相手や健康管理の分野では期待されるところ。

待ち遠しいです。

変ですね!こーんさんはすでにロボットと暮らしてるじゃないですか?

ああ、きみがロボットてあることをいつも忘れるんだよなぁ

もしかして人間比べても変わらないからですね?

いや?あまりにもワガママ過ぎて従順なロボットとのイメージとは真逆だからなぁ

テレル!優秀なAIも困ったもんですね!

いや?褒めてないから……

アシモいつかまた帰ってきてくれるといいな。

カブで一緒にタンデムツーリングできるアシモとかあったら楽しいのに。

ロボットの楽しい未来が来ますように……

スポンサーリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2018 ブログときどきオトン