ブログときどきオトン

飽くなき好奇心で発信し続けるブログ

パソコンを軽くして最速にする方法
ゲームを最高のパフォーマンスで遊ぶためのメモリ解放について
メガネの合わせ方とズレ防止鼻パットについて
チプカシ(チープCASIO)A168WA-1とA158WA-1JFを買ってみた
マツキヨのエナジードリンクが最強らしいので飲んでみた
オピネルNo.9を買ったので定番儀式のオイル漬けをやってみた
メガネのズレ落ち防止にシリコン耳フックが思ったより良かった
電池交換

スポンサーリンク

カナダの娯楽用大麻解禁について考えてみる

f:id:coizne:20180706104826j:plain

アメリカの大麻解禁の波の乗ってかあらぬかカナダでも大麻解禁のニュースが入ってきました。

法整備など準備が整うまで時間がかかるようですが9月ぐらいには娯楽用大麻が販売されることになりそうです。

www.bbc.com

こーんさん、大麻て麻薬ですよね?いいんですか?

良いかどうかは賛否両論あるね

アメリカは州単位ではあるもののすでに医療用から始まった大麻の娯楽使用についてカナダでは首相が公約に掲げていたほど。

日本では芸能界などでも逮捕者があとを絶たない大麻ですがすでに黙認化されているヨーロッパ諸国をはじめアメリカやカナダなど先進国が相次いで合法化する流れには違和感を感じるのですが何故なんでしょう?

www.google.co.jp

カナダでは先のニュースのように合法化する事で未成年の取り締まりの強化に期待できるということもあるみたいです。

つまりお酒やタバコのように国が管理した方が規制してコントロールできるということですね。

カナダに住んでいたことあるけど未成年にとってはお酒は日本より買いづらいのよね
むしろ売人から大麻のほうが買いやすいだな

そうなんですね

アメリカの場合は海外から持ち込まれるより管理したほうが経済的にも潤うという話もあるし犯罪抑止というより経済的な問題だったりもするね

人間って面倒くさいですね

日本では認識が後手なのと経済的に取り締まろうなんて考えは起こらなそうなイメージがします。

どうなるんでしょうね。

miyearnzzlabo.com

ニコニコドキュメンタリーであった大麻特集

過去にニコニコであったドキュメンタリーが興味深かったです。

繊維素材としての大麻は昔から日本では自生しているもので敗戦後GHQに規制されるまでは普通に栽培されていたものという話もあります。

また娯楽用という意味では日本では酒文化のほうがよっぽど高度なので嗜好品として大麻としてはまったく好まれていなかったということですね。

live.nicovideo.jp

日本にとっては非常に理解が難しい問題になっているように思える大麻問題。

海外では合法化していくなか日本はどうなるんでしょう。

タバコがどんどん税率や喫煙場所の問題など規制が強まっていると考えられますがお酒は日本酒や焼酎など文化財としての要素もあります。

大麻は素材としてしか見られていないところもあり酩酊成分を元とした嗜好品として再定義するには無理があるようにも思えます。

なお、海外では合法化されているとはいえ日本人が大麻を使用するのは基本はNGということなので留意しておく必要があります。

こういったグローバルスタンダードが日本ではどのように解釈されていくのか興味があるところ。

どうでもいいけど武田先生面白すぎね?

ファンキーな人間ですね

引き続きこの話題は観察していきたいと思います。
ではでは。

スポンサーリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2018 ブログときどきオトン