ブログときどきオトン

飽くなき好奇心で発信し続けるブログ

Google Chrome Bookmark Managerのすゝめ
パソコンを軽くして最速にする方法
ゲームを最高のパフォーマンスで遊ぶためのメモリ解放
チプカシ(チープCASIO)を買ってみた
マツキヨのエナジードリンクが最強らしいので飲んでみた
オピネルを買ったのでオイル漬けをやってみた
メガネのズレ落ち防止シリコンフックが良かった

スポンサーリンク

ビンボー男の極!独りわさび飯

一週間のランチ代が750円というこーんです。

1食あたり150円で済んでしまうコストのかからない人間なんです。

食べ物には無頓着なので毎日同じものを出されても文句は言いませんよ。

とはいえ「変わり種」には異常に興味はあるんですけどね。

ということで今回動画を見て気になったわさび飯を作ってみることにしました。

youtu.be

番組では蝦夷わさびを使っていますがわたしはどこでも手に入る普通のチューブわさびでやります。

simplehack.net

材料
  • わさび 適量(チューブ、できれば本わさび)
  • かつお節 少々
  • 醤油 少々

今回はコンビニで調達。楽で良いです。

本わさびと書いてあるものが本物のわさびが入っているので選びましょう。

ちなみにわさびと書いてあっても本物ではなく西洋わさびと呼ばれている「ホースラディッシュ」が使われているものが多いようです。

www.kinjirushi.co.jp

わさびも日本食ブームから広がったのか外国人の方にも人気だそうですね。

タバスコやマスタードなど海外でも辛さのアクセントはなくてはならない味の要素です。

かけて食べるだけカンタン!

作り方は超カンタン。

熱々のご飯にかつお節を少々ちらします。

あとはわさびを適量。

最後に醤油を垂らして出来上がり!

さっそくいただきまーす!

うん、うまい。

いや、辛い!目にしみます。ああ〜う……

お寿司とは違う辛さと清涼感。

テレビのように食べながら辛さに慣れてくるといった感覚はなかったですが、辛ければ全体に混ぜれば辛味を抑えられて食べやすいのでお好みでどうぞ。

わさびは育てられる?

どうせなら本物のわさびが欲しいですね。

ということで調べてみるとわさびて水の豊富なところで育てられるイメージでしたが山わさびは畑で植えて育てられるようです。

horti.jp

わたしの市民農園でも場所が余っているので苗を手に入れて作ってみたいと思います。

山わさびですが蝦夷わさびとして楽天などで普通に買えるようですね。

苗にもなるそうなので取り寄せて見たいと思います。

ワサビ―栽培から加工・売り方まで (新特産シリーズ)

ワサビ―栽培から加工・売り方まで (新特産シリーズ)

スポンサーリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2018 ブログときどきオトン