ブログときどきオトン

飽くなき好奇心で発信し続けるブログ

Google Chrome Bookmark Managerのすゝめ
パソコンを軽くして最速にする方法
ゲームを最高のパフォーマンスで遊ぶためのメモリ解放
チプカシ(チープCASIO)を買ってみた
マツキヨのエナジードリンクが最強らしいので飲んでみた
オピネルを買ったのでオイル漬けをやってみた
メガネのズレ落ち防止シリコンフックが良かった

スポンサーリンク

文章書きに悩めるブロガーへAmazonプライム会員なら無料で読めるブログの書き方の指南書

ブログの文章をどうやって書いたらいいのだろう?

ブログを始めたばかりいや1年経ってもそんなことで頭を悩ましているブロガーも多いのではないだろうか。

ブログのテーマにもよるが検索サイトからの流入が9割を占めるようなほとんどのブロガーにとっては文章を書く技術こそが集客を決める要因となるのはまぎれもない事実だと思う。

ただの日記になってはいないだろうか?

グサリである。

毎日ブログを書くことを目標としたため毎日のように駄文を生んではくりかえし。

はじめたばかりの頃はそれでいいと思う。とにかく書いて訓練することが大事だからだ。

書くことでしだいに文書書きにも慣れてくると思う。しかし慣れるのと技術が身につくのとはわけが違う。

技術を磨くことを考えて書いていれば別だが考えることといえばつぎに何を書こうか「ネタさがし」にほとんどの労力を費やすのが普通のブロガーだと思う。

ここが普通とエリートの違いだと思う。

昨日の自分と今日の自分に違いなどないのである。つまり進化していない。気がつけば飽きてきてモチベーションは下がるいっぽうでけっきょく鳴かず飛ばずのうちにやめてしまうことになる。

昔から根気強く続けていれば何とかなるとか、石の上にも三年などの定説に流されて本質を欠いてはいないか?

技術はやはり磨いてこそ身につくもの。磨くためには研究や知識を得るなどの学習が必要。

卓越したタレントの持ち主やアイディアマンでない限り学べる人こそが新たなステージを切りひらけると思う。

Amazonプライム会員なら無料で読める

ブログに限らず各方面に指南書は存在する。

簡単な入門書から技術解説書までさまざま。書籍だけにとどまらずセミナーやオンラインサロンといった趣向のものまであるがとにかく手っ取り早いのは電子書籍が1番だと思う

もちろんブログや有料noteといったものもありますが電子書籍になっているものがいつでも読めてくりかえし学ぶことができるのでおすすめ。

こういう実用本はとにかく自分にためになるところだけを食いちぎるように読めばいいのです。

学びが目的なのでドキドキするものやグサグサと心に刺さらないものはまったく意味がありません。

そして実用本であれば「読む」のではなく「知る」でよいのです

「知っている人」か「知らない人」かはとても大きな違いがあります。なぜなら知らない人は何かを知るために努力をしているのであればまるで無駄な時間である場合もあるだからです。

知識は頭脳への栄養といえます。
そんな脳を快楽にばかり使うのはもったいない。

知識というサプリメントをとって技術を磨くことこそ快楽です。

ブログの成功技術

最近読んで面白かった本を2冊紹介します。

「ブログの成功技術」は現在プライム会員向けに無料(2018/9/14)で公開されています。

プライム会員かたでブログや文章を書くことに悩んでいるまたは興味のあるひとは絶対読んで損はないと思います。

タダで読めますから

ブログ運営が惰性的でマンネリ化しているあなたも。どういった文章を書けばよいのかわからないというあなたがターゲットです。

自分を知ることはむずかしい

わたしも身をもって経験したことですが自分のこと知ることはとても難しいことなんです。

なぜなら頭を悩ましている時点で自己解決不可能だからです。悩みとは解決しないからこそ悩みとして頭に残るものです。

だから人に相談するなどして解決するか忘れてしまうしかないわけです。

しかし、いつも誰かに相談して思うのはその人にいわれたではなく人の考えを聞くことで自分の気が変わる、自分の考えが固まるもいうことですね。

本書はそんな一面のある内容になっています。

ブロガーなら誰もが悩む運営の疑問や評価を第三者視点から知らせてくれるような内容です。

「あなたの文章はこう見られていますよ」であったり「誰もあなたのことなんて興味ありませんよ」

といったズバズバと辛辣言葉で書かれておりわたしのような零細ブロガーにはとても耳の痛い内容だったりします。

しかし同時にモヤモヤが晴れるような清々しさも感じられます。

ブログとはどうあるべきなのかを丁寧に解説してくれています。

ブログについての本は沢山あれど文章の書き方やキーワードの絞り方や書き方のテクニックなど詰まっているので一読をおすすめします。わたしもかなり刺激をうけました。

1ヶ月たった2記事だけ!月収130万円を稼ぐずるゆるブログ作成術: 毎日記事を書かなくても副業でしっかり稼ぐ!1PV325円を叩き出すブログアフィリエイト戦略

もう一冊はHowto本でもあり指南書でもありバイブルでもあるアフィリエイトブログの作り方について解説されている本です。

価格はいまだと500円でAmazon Kindleアプリで読むことができます。
有料セミナーへの参加や情報商材を買うと思うと500円は破格だと思います。

いろんなHowto本があるなかなかなか読みごたえがある内容になります。

発想の逆転など視点が面白くそういう考えもあるのかと関心させられたり、ブログの逆張り的な考え方が詰まっておりワンコインで得られる知識としてはとてもお得。

アフィリエイトブログとアフィリエイトサイトの違いとは?

多くは自分はブロガーでもありアフィリエイターでもあると思っていたりすると思う。
しかしアフィリエイターといえるほどアフィリエイトで収益を得られているだろうか?

そもそもアフィリエイトでどうやって稼ぐのか分かっているようで実際良くわかっていない。ほとんどの人がどこから手を出したらよいのかわからない人が多いはず

ブログをつくるところまでは誰でもできるが何に着目して書いていけばよいのか。

そして本書はアフィリエイトブログとアフィリエイトサイトについて解説されており後者をすすめている内容になっている。

つまりブログではあるがブログサイトではなくアフィリエイトサイトの作りかたの指南書だと思っていい

ブロガーとして読むのであればちょっと的外れかもしれない。

しかしアフィリエイトサイトとはこういうものなのかというのを知るだけでも大事な知識だと思う。

自分はブログではなくアフィリエイトサイトが作りたかったのではないか?と思う人もいるのではないか。

なかなかこれまでこういった内容を細かく解説本がなかったので新鮮で心に刺さったしアフィリエイトサイトに興味があるひとがまずは始めてみるにあたって良書といえると思う。

いわゆるブルーオーシャンを自ら開拓する可能性を感じる内容だった

コツコツ努力して稼ぐというより営業力が要るというか営業センスが必要だったりする内容といえるかもしれない。

苦手に感じるひともいるかもしれないが得意な分野の商品をオリジナルな視点とアプローチで売り込むという楽しみはあると思えた。事実ブログを書いていながら記事を売り込もうとしているのは事実なのだしストレートにアフィリエイトサイトに挑戦してみるのも面白いかもしれない。

なによりセンスと技術を磨きたいというブロガーには一見の価値ありと思う。

もくもくと作業も良いが見聞を広めるのは大切なこと

今回はお得でリーズナブルな2冊を紹介してみた。
普通にブログの本を買うと1,600円はくだらないと思う。

Amazonプライム会員であればわずか500円でこれらの情報を学ぶことができるなんて便利な世の中になったものです。

学習で得た知識、身につけた技術はだれにも奪われないあなただけのもの。
ブロガーとしてセンスをこれまでよりひとつ上を目指して磨いてみてはどうだろう。

スポンサーリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2018 ブログときどきオトン