ブログときどきオトン

オトンとブログの成長の記録

オトンとブログの成長の記録

スポンサー

ラヴニカの献身からMTGに復帰する初心者から初心者へ

2019年1月25日にリリースとなるマジックザギャザリング(以下MTG)最新エキスパンション「ラヴニカの献身」にあわせてMTG復帰を目論んでいるわたし。

世の中そんなプレーヤーが多いかどうかは知らないがMTG Arenaを触ってみてリアルにMTGをやってみたいと思った人も中には1人ぐらいはいるはずだ。

そんな方のためにもMTGをどこからはじめればよいのか調べてみることにした。

そもそもMTGはルールが分かりづらいうえにカードを集めなくてはならないので初心者にとっては敷居が高いゲームだと思う。

そのためMTG Arenaのような無料のオンラインゲームなら誰でもカンタンに入ることができるのはとても良い試みだし、自分がそうであるようにMTGを趣味で始めるきっかけとなった。

今回はまず初心者の壁となる「どこからはじめていけばよいの?」について迫ってみたいと思う。

なお、わたしも同様にどこから手を付けていけばよいのか悩んだうちの一人。

これから新しくはじめようという立場であるので読者のみなさんと同じかそれ以下の知識しかないがこれからMTGをやろうという方と同じ目の高さで見られるはずなのでご参考までに。

何はともあれスタンダード

MTGではいろんなフォーマットの遊び方があるが王道はスタンダード(以下スタン)とよばれる毎年の基本セットと最新エキスパンションからなるフォーマットだ。

競技シーンなどにおいても採用されているフォーマットとしても知られている。プレイヤーが最も多く常に新しいプレイが楽しめるのでMTGの王道である。

現在のスタンに使われてる基本セットとエキスパンションは以下のとおり。

  • イクサラン
  • イクサランの相克
  • ドミナリア
  • 基本セット2019
  • ラヴニカのギルド

これに新しく「ラヴニカの献身」が加わるというわけだ。

現在のスタンのカードも期限が設定されており2019年秋には「スタン落ち」することになっているためどこからはじめてどこまで集めていけばいいのかとても悩ましい。

秋の改編のタイミングを考えるなら10月頃に始めるのが一番カードの息が長いわけだが何事も始めたいときがベストタイミングであるのでまだ改編直前の季節に始めるより1月なら全然いいのでぜひわたしと一緒に始めてみてもらいたい。

何からどう買うのか?構築済みデッキがよい?

ラヴニカの献身のリリースに合わせて「プレインズウォーカーデッキ」が2種類リリースされる。

プレインズウォーカーデッキとは既に構築済みのデッキとしてセットで販売されているもので購入して直ぐに遊べるというメリットがあるが初心者がこのデッキからMTGを始めるのには賛否両論あるようだ

そもそもスタンのデッキにはトレンドがあり直近の大会の優勝デッキやさまざまなデッキビルダーの方が公開している情報がある。

多かれ少なかれ強いとされるデッキを真似たり参考にして自分なりに手を加えたりしてデッキを構成していくことになる。

なので構築済みデッキの存在はとてもありがたいのだが、どうせ使わないくなるのがオチである。

収録カードが特別に良ければ話は別だがそんなこともないようだ。

では何を買えばいいのか?であるが「デッキビルダーセット」がオススメだ。

基本となる土地カードが各土地20枚合計100枚がついてくる。土地カードはカードショップでも安価に揃うが何はともあれ土地カードは最初に揃えておきたいもの。

内容物は以下の通り。

■準ランダムカード 125枚
■最近のマジックのセットからブースターパック(カード15枚入り) 4個
■基本土地カード 100枚
■デッキ構築ガイド 1冊
■マジック早見表カード 1枚
■フルイラスト版カード整理用ボックス 1個
■メーカー希望小売価格 2,000円(税別)

185枚のカードから各色でリミテッドのようにデッキ組みながら試行錯誤していくのが良いと思う。

また友達や兄弟がいれば2種類デッキを組んで対戦もできる。2,000円でこれだけ揃うのはこのセットのみだ。

ドラフトに参加してカードを増やそう

デッキビルダーズセット購入後にカードを増やしていくのはブースターパックを買い足していくことになるがドラフトに参加して欲しいカードをピックしていくほうか効率が良いと思う。

ドラフトをやるにはもちろんカードショップなどに行かなくてはならないがオンラインとオフラインの違いはやはりプレーヤーとの交流にあると思う。

とくにMTGを始めたばかりであれば臆することなく初心者であることを伝えてまわりからアドバイスを貰うぐらいが良いと思う。

毎週ドラフトに参加していけば自然とカードがコンプリートしていく。

最新エキスパンジョンでスタンダードのデッキが満足に組めるようになればあとはピンポイントで他エキスパンジョンのカードを買い求めればよい。

ショップで週末に開催されるドラフトに参加するのがカード集めとプレーヤーの交流を含めてもよいのではないだろうか。

まとめると

これからMTGをはじめるならこうだ。

①最新エキスパンジョンのデッキビルダーズセットを買う

②ドラフトに参加しながらドラフトを楽しみつつカードプールを増やす

③他エキスパンションなどのカードを単品で買い集める

こんな流れでいいのではないだろうか。

もちろんスタンといっても最低でも5つのエキスパンションを含むので最初はなかなか集まらないがながくプレイしていくことで揃っていくはず。

エキスパンジョン以外だと基本セットいまなら基本セット2019を集めておけば毎年の改編でも入れ替えがそんなにないのでながく使える。

最近の傾向は基本より強力なエキスパンジョンの個性的なカードで構成するデッキが花形なので基本セットはそんなに意識しなくてよいと思う。

いまからはじめるならぜひ最新エキスパンジョンのラヴニカの献身に精通したデッキビルダーを目指したい。

ということで今から発売が楽しみである。

当ブログでこれからもMTGを追いかけていきたいと思う。

スポンサードリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2019 ブログときどきオトン