ブログときどきオトン

オトンとブログの成長の記録

オトンとブログの成長の記録

スポンサー

デスクワークやドライブ、ゲームで腰やお尻が痛いあなたへ

わたしは会社では7時45分から18時45分までPCに向かって11時間ほど仕事します。

帰ると2時間はゲームに没頭するため1日で13時間はもっぱらPCに向かっていることになります。

目の疲れや肩こりなどひと通り職業病は経験してますがもうカラダが慣れてるので問題ありません。

ただこのところお尻が痛いのです。

長時間座り続けているのとお尻の肉がダイエットで減ってるのもかもしれませんが座っているのが辛いんです。

尾てい骨と筋肉の疲れと圧迫による痛みだと思います。

イスを快適にするためにクッションを考えた

座りっぱなしの姿勢を正しい姿勢で維持するするのは難しく楽な体勢になろうとすると肘をついたり、椅子に正座したりあぐらかいたりと何とか動いていましたがお尻の痛みは改善しませんでした。

電車の座席に座っていても、車の運転でも30分ぐらいで辛くなってきます。

そこでプロスポーツ選手もマットレスに使っている東京西川のエアを使ったクッションがある事を知ったので買ってみました。

自宅と会社用に2つ購入です。

大リーガーの大谷選手や田中将大選手、サッカーのカズ選手やネイマール選手も寝る時に使っているこのエアのマットレス。

www.airsleep.jp

ロード中も携帯用マットレスを持っていくそうです。

クッションも専用のバックに入っており持ち運びを意識していますね。

デザインは1種類のみ

鮮やかなライムグリーンのカバーが付属しています。

わたしはこの色が好きなので気に入ってます。

クッションの裏は滑り止め用の加工がされていて椅子で使用しても全くズレることがありません。

よく考えられてますね。

中を開けるとエアマットレスが見れます。

ただのスポンジなのですがこのでこぼこがカラダに当たる接地面にたいして圧力が均等にかかることでカラダの負担を和らげるんですね。

座った感じはフカッと柔らかいながらもエアのスポンジの反発で宙に浮いているような不思議な感覚です。

お尻って接地面が少ないんですがクッションを挟むことでお尻全体的に座っている感じでとても楽です。

エアマットレス独自の突起の効果とスポンジの柔らかさが体重によるお尻への圧迫を和らげてくれます。

自宅の椅子や会社の椅子でもピッタリサイズなのとクルマのシートにも難なく使えるのでとても使い勝手がいいですよ。

座り仕事で腰やお尻の痛みのある方はすぐに効果が期待できて良いですよ。

試してみてはどうでしょう。

スポンサードリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2019 ブログときどきオトン