ブログときどきオトン

オトンとブログの成長の記録

オトンとブログの成長の記録

スポンサー

Amazonプライムビデオでスラムダンクをいっき見した

スラムダンクを知っていますか?

いまの小中学生には知らないひとも多いんだよね。

いまからもう25年以上の前の漫画だからな。

Amazonプライムビデオでテレビシリーズが観れるので週末使って観まくってました。

何十年ぶりに観ると忘れてるねぇ。

ひとくちで説明すると湘北高校1年生の不良少年 桜木花道がバスケットマンになってインターハイに出場して戦うまでを描いた青春スポーツマンガな訳だけど、キャプテン翼といったスポーツマンガがきっかけで競技に興味を持った人も多いはず。

出てくる登場人物がかっこよすぎてリアルとはかけ離れてはいるけどね。

高校生でダンクシュート決めまくるとか。

だけどド素人の桜木が基礎から短期間にドンドン上達していく姿は、はじめたばかりの人にも共感を得るものだったりするし、作者自身もバスケットボールをもっと沢山の人に知ってほしいという気持ちも伝わってくるマンガなんだよね。

f:id:coizne:20190311081442p:plain

部活に打ち込めるのも学生時代の特権だよね。

観てるととても羨ましくなる。

うちの娘たちもまだ小さいけど学生時代にしか打ち込めないことに打ち込んで欲しいね。

大人になって観るとそんな部活動て人生の宝の時間にも感じるね。

スラムダンクがリアルに

急にスラムダンクを観ようと思ったのもいまB.LEAGUEが盛り上がってきていることもある。

始まったばかりの頃に比べて話題性は感じないかもしれないけど、日本人も大きい選手が多いしまるでスラムダンクを観てるような感じだよ。

スラムダンクの作者 井上雄彦先生がB.LEAGUEの選手たちと対談している動画もYouTubeに上がっているから観てみるといいよ。

youtu.be

先生が小さいこともあるけどみんな大きいからねぇ。

これも他のスポーツにはない高さを競い合うバスケの魅力のひとつだよね。

印象に残ったのは千葉ジェッツの富樫選手かな。

youtu.be

アメリカ NBAでプレーするだけがバスケ人生じゃないということね。

サッカー選手だとリーガエスパニョーラとかプレミアリーグでとかビッグクラブで世界の強い選手たちと戦いたいと誰もが考えると思うんだけど、バスケはそれだけじゃないというのが良かったな。

日本の日本人のバスケを盛り上げて強くするという意思を感じたね。

サッカーでも言われてることだけど世界基準に対して日本のスタイルをといってもブラジルやベルギーに勝てるのか?真似ごとではダメなことは分かってるけど海外リーグで活躍する選手がほとんどだしレベルが高いのは事実だしね。

バスケだってNBAが最高峰なのは周知の事実だけど日本人の体格も技術もリーグの盛り上がりも進化してきて何かやってくれるんじゃないかという期待をしてしまうよね。

事実ワールドカップに13年ぶりに出場を決めたんだよ。

【レポート】Window6 最終戦はカタールに96-48で完勝し、FIBAワールドカップ2019出場決定 | FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 2次予選

13年ぶりだってすごいよね。

B.LEAGUEが出来たことでレベルが上がってきた証拠だと思う。

そんなバスケブームの火付け役 スラムダンクをAmazonプライムビデオで見直してB.LEAGUEも観てみてはどうだろう?

バスケってこんなにエキサイティングなスポーツなんだなて分かるしプレーの駆け引きなどの魅力も分かるんじゃないかな。

スポンサードリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2019 ブログときどきオトン