ブログときどきオトン

オトンとブログの成長の記録

オトンとブログの成長の記録

スポンサー

もうコンセント不足に悩まない!DIY電源タップづくり

こーんさん珍しく日曜大工ですか?

そうだよタコ足配線が嫌になってね

壁にコンセントてなんで2個しかついてないんでしょ。

2個で足りるはずがありません。

多くの人がタコ足配線になっていると思います。

タコ足はおろかタコ足にさらにタコ足と悲惨な状態にも?

私のデスク周りもそんな感じです。

ということで電源タップを自作することにしました。

市販の電源タップで足りないなら自作しろ!

市販の電源タップて2〜6個ぐらいしか付いてないですよね?

とりあえず15個コンセントを繋げられるように作ってみることにしました。

材料

ホームセンターで購入した材料は以下のとおり。

  • 壁用コンセントケース x 5
  • 壁用コンセント 3口 x 5
  • ブレーカー 15A用 x 1
  • 屋内配線用 15Aケーブル 2m x 2
  • コンセント x 1

安全対策用に15Aのブレーカーを取り付けます。

家庭用であれば20Aまでなら大丈夫なはずです。

余裕を持って15Aをチョイスしました。

ちょうど家で余っていた2x4の切れっぱしにこのように配置するようにしてみました。

まだあと3つぐらいは増やせそうです。


組み立て

まずはブレーカーとコンセントボックスを板に固定させます。

電動ドライバーがあると作業がはかどります。

自宅を構えると度々使うことがあるので電動ドライバーは持っていても良いと思いますね。

次にブレーカーとコンセントをケーブルを繋げます。

ケーブルは量り売りで買ってきてあるので自分で配線をカットして皮膜を破く必要があります。

このような電気工事用の用のペンチがあると便利です。

コンセントとケーブルは下から入れて上から抜くように配線します。

次は上から入れて下から抜くといったS字に配線していく感じです。


完成

ジャーン自作の15口電源タップができました。

いやぁまだ3つは追加できるなぁ。

さっそく机の下に設置して繋いでみました。

2x4の板は重力感があるので安定してます。

あれコンセント余ってるじゃないですか?

いや数えたら30口ぐらい使っていたので諦めたんだよ

6口の電源タップが4つにさらに分配ケーブルなど30個もコンセントを使っていたので今回の15口では全然足りませんでした……

今回作った15口にさらに3つ足して24口を2セット作らないとうちのコンセントは足りないかも。

普通の電源タップよりコストはかかりますが、ずっと使えて1箇所で綺麗に配線できればコンセントに困ることもないですし便利だと思います。

コンセント不足に悩まされてないのは快適です。

お試しを。

スポンサードリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2019 ブログときどきオトン