ブログときどきオトン

ブログとオトンの成長の記録

ブログとオトンの成長の記録

スポンサー

【知らなかった】回転寿司の新店舗形態が増えているらしい



「すしざんまい」危うし!? 東京進出する「スシロー」が蹴散らす同業者とは
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000018-zdn_mkt-bus_all&p=1
f:id:coizne:20190625094838p:plain

〈記事によると〉

回転寿司チェーン最大手、あきんどスシローが経営するスシローが突如戦略を転換。東京都心部の山手線沿線に重点的に出店する計画を発表したことが、大きな波紋を呼んでいる。

これまで、4大寿司チェーンのスシロー、くら寿司、はま寿司、かっぱ寿司は、いずれも家賃の安いロードサイドに駐車場付きの大型店を出してきた。回転レーンと寿司ロボットを活用した効率性の高さと、スケールメリットによる有利な仕入れで、基本「1皿2個のにぎり寿司が100円」という低価格を実現してきた。

 ところが、スシローは郊外への出店を継続しつつ、都心部の駅前にも出店を加速するというのだ。

スシローは近年業態開発を進めており、10坪という狭い立地でも出店できる「スシローコノミ」や、25坪から出店可能な寿司居酒屋「鮨 酒 肴 杉玉」を開発している。スシローコノミはフードコートに向いた業態で3店舗まで増えた。

youtu.be

www.google.com

〈この記事への反応〉

  • 殆どのサラリーマンが少ない小遣いで支払う昼食代として、一皿100円は頑張って死守してもらいたいところである。
  • スシロー価格に慣れるとすしざんまいは高くて行けない。スシローが駅前にあれば、郊外の店より少し高くても行くと思う。海鮮三崎港みたいなどうってことのないお店でも駅ナカだとすごい繁盛しているから、立地は大事だね。
  • スシローは売上頭打ち気味で、打開策を模索中という感じですね。企業として当然の努力だと思います。
  • すしざんまいとスシローなら価格帯が違うけど、スシローが都心に出てきて上手く店を運営していったらかなり影響はあると思う。すしざんまいは職人が握るけど低価格路線だから。

イチローも引退しちゃいましたからね〜イチローだけに大打撃なんちって

おい、寿司カンケーねーな

〈あわせて読みたい〉
www.tokidokioton.com

スポンサードリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2019 ブログときどきオトン