ブログときどきオトン

ブログとオトンの成長の記録

ブログとオトンの成長の記録

スポンサー

朝活生活に切り替えて気づいたこと

朝活生活で2週間ほど経過して感じたことを書きたいと思います。

朝活とはつまり毎朝早起きして仕事に行くということがメインです。

www.tokidokioton.com

いまの生活サイクルは22時に寝て4時に起きるといったもの。

これを日曜日から金曜日まで続けているわけですが、普段よりたった2、3時間生活サイクルを早めるだけでかなりの違いがあります。

ここ2週間で感じた1番大きいメリットは誰よりも早く行動できるというところです。

電車も当然始発に乗りますから乗客もまばら。通勤ラッシュとは無縁です

いつも朝食を買うコンビニでも並ぶこともありません。

会社についてエレベーターに乗るのも1人。

不思議と世の中全てが自分専用の世界になったかのよう。

ディズニーランドへ行くといつも貸切で遊べれば良いのにと思いますが、まさにそんな夢が叶ったかのような快適さを感じることができます。

前倒し感のある生活

人よりも数時間早く生きることであらゆる準備や動作が早くなります。

朝の始業時間より2時間早く仕事を始めれば週に10時間、月にして約40時間になります。

正直なところ実際は残業時間に相当しているわけですが、残業なのか予定業なのかによる違いは大きいです。

前の日に残業なんかしなくても、いや残業そのものに意味は無くなります。

「わたし定時で帰ります」

ではなく、

わたし残業して定時で帰ります

です。

じつはこの前倒しで時間を使っていくことで仕事をしていく感覚がまるで変わってきます。

能力やスピードに頼らずとも生活サイクルを定時制から少し早めるだけで世の中より少しだけ早い時間を過ごせるんですね。

www.tokidokioton.com

2週間ほど続けてみてさらに感じのは20時ぐらいには眠たくなってくるんですよ。

もともとゲーム好きな夜行性の夜型人間だったのに

不思議と早く寝たいと思うようになりましたし、朝の4時起きですから充分に寝ておきたいという気持ちも芽生えてきました。

朝活なのでしっかりと睡眠をとったうえでの早起きでなくては意味がありませんからね。

カラダもココロも朝活にフィットしてくるんですな。

これからどうなるのか?

この朝活がいつまで続くのかわかりません。

でも快適であることには間違いありません。

家族ともかなり過ごす時間も変わってきますけど、基本週末は朝活はしないつもりです。

朝活は平日の仕事モードに限ります

職場はフレックス制度が導入されているので定時より前に上がることもできます。

例えばジムに通うとか英会話スクールに通うとかこれまでできなかったことにもチャレンジできるかもしれません。

生活は慣れると変化が少なくなる傾向にあると思います。

たまには思い切っていつもと違うライフスタイルをとってみると暮らしも豊かになるかもしれません。

朝活でいつもと少し違う世界を試してみてはどうでしょう?

スポンサードリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2019 ブログときどきオトン