ブログときどきオトン

ブログとオトンの成長の記録

ブログとオトンの成長の記録

スポンサー

単管パイプを使って書斎を大改造した

コロナによって働き方がワタシの身の回りでは一変しました。

在宅勤務が基本となり、オフィスも50%に面積が縮小されることに。

在宅勤務生活も1年が過ぎて、そろそろ自宅の勤務環境にもストレスを感じるようになってきました。

会社に出勤するのが年に数回なのであれば、つまり自室が執務環境になりますし、仕事のし易さは自らが考えないといけません。

まあ、自室なので自分が好きなようにすればよいだけですが、これまで「とりあえず在宅勤務」という姿勢でやっていたので、在宅勤務環境について全く変化をつけていなかったのですが流石に飽きてきたので大改造することにしました。

1日のほとんどを過ごす自室の大改造計画

ワタシは夫婦別々で寝ているので、仕事も合わせると食事と入浴以外はほとんど部屋に籠もりっきりです。

将来的にお部屋づくりをしようと思っていたので、ベッドは購入せずコットで寝泊まりしていたので実質部屋にある家具は、パソコン用の机と寝るためのコットと自作のカウンターテーブル用のハイチェアと、ベース用のラックだけです。

なので、あっという間に部屋を空っぽにできるので大改造することにしました。

物理的面積を広げる工夫とは

ワタシの部屋はもともと書斎として使っていたので、3.5m x 2.2m の4.5畳ほどの空間です。

独身時代に住んでいたワンルーム程度です。

当時のワンルームがそうでしたが1畳程度のロフトがついていてそこを物置にしていたのですが、このロフトの発想をそのまま部屋に活かせないか考えてみることにしました。

マンションなので改築はとても大変です。できれば低予算であまり部屋をいじらずに改造する方法がないか調べてみました。

単管パイプという素材

すると「単管パイプ」というものがあるということに気が付きました。

よく建設現場の足場として見かけるのあの鉄のパイプのことです。

f:id:coizne:20210405113124j:plain

これを組み合わせて、いろんな部屋づくりをしている例を参考にしてじぶんなりに部屋の改造を考えてみることにしました。

f:id:coizne:20210405113329j:plain

もともと倉庫のような部屋に住みたいと思っていたので、家具よりこういった部材を使ってDIYしてみたかったんですよね。

色々探してみると出てくる出てくるアイディアが。楽しい〜。

早速図面を描いてみた

部屋の寸法を全て測って図面を描いてみることにしました。

自分の部屋だし、ロフトを作るにしても自分の身長に合わせて高さを決めれるしいい事づくし。

f:id:coizne:20210506131554j:plain

配管の長さや本数、継手の種類や個数をカウントしていきます。

試行錯誤しながら5回ぐらい描き直してようやく決まりました。

あれこれ欲張ると予算が膨れるのと、継手の種類と合うかとか、壁やスペース上手く使って構造を考えたり色々と大変でした。

f:id:coizne:20210506131609j:plain

最後にホームセンターでパイプをカットしてもらうために、カット用の図面を作成。

これをあらかじめ作っておかないと現地で書き込むのは難しいので大事です。

組み立ててみた

材料が揃ったら六角レンチを片手にもくもくと組み立てるだけです。

組み立ては2人いると安心です。

f:id:coizne:20210506131622j:plain

部屋を空っぽにして組み立て行く様子です。

楽しみにしながらも、本当にうまくいくのか不安だったりします。

ここまできたら後戻り出来ませんからね。

ワクワク、ハラハラしました。

f:id:coizne:20210506131638j:plain

とりあえず完成!

まだモノがごちゃごちゃしてますが、うまく組み立てることができました。

仕事用とプライベート用のパソコンスペースも作ることができました。

これでテレワークも快適です。

f:id:coizne:20210506131650j:plain

ロフトは予定通り寝室とホームシアターにしました。

壁をスクリーンにプロジェクターも設置しました。

ゴロゴロしながら映画を観ることができます。

最近の様子

完成から3ヶ月ほど経ちましたが、いろんな工夫やアイディアが湧いてきていまはこんな感じになりました。

f:id:coizne:20210723062346j:plain

リビングに置いていた植物たちを部屋に飾るようにしてグリーンのあるお部屋にしました。

緑があるととても落ち着きます。

思っていたより部屋の雰囲気も変わるし良かったので、まだまだ増やしていこうと思います。

f:id:coizne:20210723062358j:plain

鏡を置いて部屋を広くみせたり、服を着てすぐに見れるようにしました。

分かりづらいですが、壁とパイプの間のスペースでドレッシングルームができてます。ちょっとしたスペースも無駄にしません。

f:id:coizne:20210723062411j:plain

ギターラックも無くしてパイプに掛けれるようにしました。これでさらにスペースもできてスッキリ。

洋服もパイプで掛けれるように作って全て部屋に置けるようにしました。

f:id:coizne:20210723062425j:plain

ロフトもモニターを天井近くに配置するようにして、寝ながらより観やすい位置に変更。

まだまだスペースは余っているのでグリーンを飾るとかこれから考えようかと思います。

部屋を改造してみて

結果として面白い部屋を作ることができました。

マンションの4.5畳の一室でここまでやっているヒトもそんなにいないんじゃないかなというぐらい改造できました。

まぁ、費用も15万円ぐらいかかってるので安くは無いですが、家具を買って限られたスペースを狭くするより、よっぽど満足度が高いです。

床から天井まで無駄なスペースが全くないですから。

10年住んで思い切った決断ができたのもコロナとテレワークのおかげです。

こんな時代だからこそ色々と環境を見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2021 ブログときどきオトン