ブログときどきオトン

ブロガーを目指すオトンのブログ

バーボンに欠かせない大きな丸氷が作れる!俺の丸氷 ブラックSTK-06を買ってみた。

スポンサーリンク

こんにちは、こーんです。

毎晩の晩酌とゲームが1日のシメとして自分の中でかなり重要なんですが手持ちのグラスと冷蔵庫の角氷だと雰囲気がでないのでグラスと製氷器を新調しました。

イスランド<Island>オールド300ml

イスランド<Island>オールド300ml

の丸氷 ブラックSTK-06

でっかい丸氷が作れる製氷器なんですよ。

娘も興味があるようです。

アイスが作れると何か考えているようですが甘い甘いコレは俺の!丸氷!

パパが独占するのである。

たしかに氷だけじゃなくシャーベットにも良さそうですね。

こんど果汁100%ジュースで作ってみるかな。

取説は至ってシンプル。

カップに水を上部の線まで入れて蓋をするだけ。

蓋をしてから注ぐ必要はないようです。

カップはこんな感じ。

手に収まる程度の大きさです。

思っていたより小さめ。

蓋をとるとこんな感じです。

蓋も容器も内側が丸くえぐられてこれで丸氷の成型ができるわけですね。

冷蔵庫で1日寝かします。

明日は美味しいお酒が飲めるはず。

1日経ちました。

氷は上手くできているでしょうか。

蓋を開けると、

おっ!丸い!

まさに丸氷です。

たかだか氷ですが嬉しいですね。

残るは土台から外すだけ。

正確にはシリコン製の蓋の部分ですね。

シリコンなので柔らかく素材に馴染みやすいせいか氷がくっついて離れません。

シリコンをグリグリと変形させることでポロっと外れました。

やりました!

俺の丸氷第1号が誕生です。

キレイに出来るもんですね。

ちょっと感動。

あとは酒を入れて美味いかどうかですよ。

ロックグラスサイズにもぴったりでこのうえないマッチ感。

ここまでうまくいくとは。

もちろんお酒はバーボンです。

いつもは角氷なので酒の量が分かりずらかったんですがこれは分かりやすい。

たぶんいつもより多く入れすぎてしまいました。

肝心の味はいうと。

お酒が変わるわけではないので変わるはずはありませんが酒が濃く感じます。

氷が溶ける速度が違うんですね。

だからいつもロックといいながらけっこう水割りぽくなっていたのですがこれはまさしくロックですね。

氷で溶かした分だけ飲めるという感じ。

だから量が減りませんw

10分後様子。

氷が少し小さくなってバーボンも薄くなってるの分かります?

こんなに溶けにくいんですね。

いいですこれ。

ロックのお供に欠かせませんね。

オトンは思った。

最近酒の量が増えてきていたのでこの氷一個で飲むぐらいを目安に飲むようにすればちょうどいいかもしれない。

ほんとはもう一つ欲しいけど。

角氷だと溶ける前に飲まないといけないと思っていたので溶かしながら飲む感じでは無かったですね。

ロックで飲むなら丸氷は必須だと思います。

では!

(こ)

© 2017 ブログときどきオトン