ブログときどきオトン

ブログとオトンの成長の記録

ブログとオトンの成長の記録

スポンサー

ノイズキャンセルヘッドホンで自分だけのパーソナルスペースを手に入れた

音楽をながらで聴くのが好きなわたし。

電車でついウトウトしたり、音楽で車内アナウンスが聞こえないと今どこを走っているのかすら分からなくなり不安になったりしませんか?

なのでわたしはいつも片耳のBluetoothヘッドホンを使っています。

www.tokidokioton.com

しかし最近ごちゃごちゃとした音や騒音に飽きてきたというか逆にストレスを感じるようになってきたんです。とにかく最近仕事のストレスがひどいんですよね。

ということでわたしは静寂を求めているのでしょうか?ノイズキャンセリングヘッドホンに興味がわいてきており色々と物色しておりました。

なかでも評価が良かったのがSONYのWH-1000XM3だったので本機を買うことにしました。SONYのヘッドホンはモニターヘッドホンMDR-EX800ST以来です。

www.tokidokioton.com

ノイキャンといえば、boseのノイズキャンセリングヘッドホンも気になるところですが最近海外メーカーに興味がむかないというか、クルマでも家電でも国産メーカーが良いんですよね。なんでしょう、いろんな意味で歳をとったなぁと感じるところですが。

ノイズキャンセリングヘッドホンて高いんですよね。同じSONYのプレーステーション4よりヘッドホンのほうが高いですから。

冷静に考えるとなかなか買えないものです。酒を飲んで少し気持ちが大きくなったところでポチりましょう。きっと素晴らしい威力に使ってしまえば後悔などありません。

買うときは価格に気をつけよう

今回は楽天のビッグカメラ店楽天ビックで購入しました。楽天ポイントがおいしいのが狙いです。

買った時は3万円前半でしたが、今見ると4万円代まで値段が上がっていました。楽天ビックに限らずこのときは他店も含めて上がっていたので、購入時はタイミングを見たほうがよさそうですね。

一瞬後継機が出たのかと目を疑ったほどです。価格変動には気をつけましょう。

購入時の価格

⬇︎

f:id:coizne:20190905193752j:plain
今日の価格

さっそく使ってみた感想とか

発売されて時間も経っていて開封動画や同梱物はいろんな動画でも紹介されているのでそちらでみていただくとしてわたしの感想だけ。

youtu.be

何でも買っちゃうレビューワーの人とは違うこと言わないとねー。

悩んだところ

色いろいろ

やっぱりカラーだよね。ブラックとアイボリーの2色展開なんだけど選択肢が2つというだけで優柔不断なわたしは迷ってしまいます。

ブラックも良いしアイボリーも良いんだよなぁ。もう最後は決めでしかないんだけど、普段から黒い服やカバンを使うのでブラックにしました。

それにしてもこのアイボリーは捨てがたい色です。ヘッドホンといえばブラックなんだけど昔使ってたfostexのT-5M良かったんですよね。

黒いヘッドホンて普通だけど、白いヘッドホンてカッコイイです。

まあ今回はカッコ良さよりヘッドホンとしてスッと溶け込む自然なブラックにしました。

ヘッドホンかイヤホンか

SONYのノイキャンシリーズですがヘッドホンの他にイヤホンタイプのWF-1000MX3があります。

ヘッドホンタイプだと髪型が気になったり夏場は暑くて蒸れたり色々と気になるもの。

そこでイヤホンタイプも検討したのですが今回はドップリと音の世界にハマって没入感に浸りたい、耳全体を覆ってノイキャンを体験したいという思いがまさった感じです。

それにイヤホンはノイキャンではないですがいろんな機種を持っているのとヘッドホンでワイヤレスの快適さを体験したかったのが大きいですね。

ヘッドホンの「さぁ、聴くぞお〜」て感じも好きな理由です。

聴いてみた感想

過度な期待はいけない

ノイキャンが高性能化したとはいえ外の音が聞こえないかというと全くそんなことはないです。

わずかですが話しかけられると声もするし物音を立てれば微かに聞こえます。

もともとノイキャン自体が環境音に対して打ち消すように音を被せているのでちょっとした音には思ったより効果は薄いです。

ただし例えばエアコンや換気扇の音などボーっとした環境ノイズには効果てきめんです。エアコンの音などはほとんど消えて聞こえないですね。

部屋にいるとパソコンのファンやエアコンなどのモーター音がするのですが全く聞こえなくなるのでノイキャンをしっかり体感できます。

耳が痛くないのは確か

ヘッドホンの弱点として付けっぱなしだと耳が痛くなるのでイヤホンタイプにしてしまう人も多い思いますが、着け心地はなかなかです。

2時間付けっぱなしでも痛くて外したくなることはありませんでした。眼鏡着用でもです。

着け心地は密閉型のヘッドホンにしてはなかなかのものです。締め付け感も絶妙なバランスでよく考えて作ってあるなと思います。さすがは国産メーカーだなと思います。

気に入ったか?

3万円の価値があるかといえばヘッドホン自体での価値は正直なところまだわかりません。

音楽を色んなシチュエーションで聴いてはじめて感じるところかと。そういう意味では手に入れただけではまだ物足りない印象です。

道具は活かすも殺すも使い方次第。

ただひとつあげるなら没入感がかなりあるので家族と一緒の時は使えませんが、通勤や作業に集中したいときはパーソナルスペースを手に入れたような満足感があります。

また、有線接続も可能なのでPCなどに繋いでも使えるのでワイヤレスだけでなく使えます。電源を切った状態でも有線接続なら普通のヘッドホンとしても使えるので使い勝手はいいですね。

これから擦り切れるまで使い倒してみようと思います。

スポンサードリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2019 ブログときどきオトン