ブログときどきオトン

ブロガーを目指すオトンのブログ

高画質低ビットレートを極めろ!Twitch/hitbox用OBS高画質プリセット for League of Legends

スポンサーリンク

f:id:coizne:20170826152406p:plain

※ブログを引っ越しましたので記事を転載しました。(2017/8)

通勤や昼休みなど暇があればiPadでLoLのライブ配信を良く観ています。

高画質で非常に見やすく、iPhoneやiPadからLTEで快適な視聴が楽しめますね。特に「Twitch」と「smashcast(旧hitbox)」についてはiOS/Androidの視聴アプリも使いやすいです。(hitboxはHTML5でレスポンシブデザインなところもGood!)

そこで興味を持ったのでチャンネルを開設することにしました。

Twitch
www.twitch.tv

hitbox
www.smashcast.tv


何でも無料でできてしまう世の中なので便利ですねぇ。
遊んでるゲームまで無料とは・・(Paypalみたら4万は課金してたけど・・・A(^^;;)。せめて配信を通してプレーヤーを増やす活動に貢献できれば。そういえば、「League of Legends」を3年半前に知ったのも「Twitch(当時はJustin.tv)」で配信された「Intel Extreme Masters(http://en.intelextrememasters.com/)」だったかと思います。


en.intelextrememasters.com


両社ともヘルプに「OBS」の設定についての記述があるのでそれに習って設定してみたのですが、「あれ?ほんとに高画質??」という感じになってしまったので、またしてもあれこれとプリセットを試すことに。

高画質低ビットレートの設定を調べてみた


ちなみに各ヘルプはこちら。

TwitchのOBSに関するヘルプ

help.twitch.tv


smachcastのOBSに関するヘルプ
hitbox.desk.com


両社とても似ており「OBS」でセットできるのでほぼ同じ設定で問題ないかと思います。当ブログでの「OBS」の設定についてはこちらにまとめてあります。(ニコ生用なのでTwich/hitbox用に各設定は上記ヘルプを参考に変更ください)

OBSで高画質配信(League of Legends編)
http://www.plus81.info/2014/08/obsleague-of-legends.html

ヘルプをみたところ違いは「Scene Buffering Time」がTwitchが「400」、hitboxが「700」というぐらいで違いは殆ど無いですね。あと、Keyframe Intervalはいずれも「2秒」が基本のようです。

それと、映像サイズに対するVideoの「推奨ビットレート値」が以下の通りでした。

Recommended bitrate for 1080p: 3000-3500
Recommended bitrate for 720p: 1800-2500
Recommended bitrate for 480p: 900-1200
Recommended bitrate for 360p: 600-800
Recommended bitrate for 240p: Up to 500


「ちょっw?!ヽ( ゜Д゜)ノ」

少し高くないですか???
3500kb/sつまり 毎秒上り約3.5MB/sって結構ヘビーですよね。720pでも2500kb/s・・。
あくまでリコメンドなのとx264 CPU Preset「veryfast」の設定で「CPUに負荷をかけない=映像圧縮が低い」が前提なので、これを解決するのがCustomプリセットであり本来求められるX264圧縮技術なので。

目指すところは、

配信フォーマット:1080p/30fps
映像ビットレート:1000kb/s
音声ビットレート:AAC 44.1kHz 96kb/s


とします。

「Custom X264 Encoder Settings」に設定するプリセットは以下のとおり。

※OBS Forumからの抜粋
obsproject.com

8x8dct=1 aq-mode=2 bframes=1 chroma-qp-offset=1 colormatrix=smpte170m deblock=0:0 direct=auto ipratio=1.41 keyint=240 level=3.1 me=hex merange=16 min-keyint=auto mixed-refs=1 no-mbtree=0 partitions=i4x4,p8x8,b8x8 profile=main psy-rd=0.5:0.0 qcomp=0.6 qpmax=51 qpmin=10 qpstep=4 ratetol=10 rc-lookahead=30 ref=1 scenecut=40 subme=5 threads=0 trellis=2 weightb=1 weightp=2


CBR、CFRの設定は以下のとおり。

Use CBR: On
Enable CBR paadding: On
Use CFR: On


目視で確認したところ、「veryfast」でビットレート3500で配信した時より良い感じでした。解像度も720pに落とさなくても問題ないし、ダウンスケールしないので精度が高いです。1000kでここまで出ればいいかな。ひとまずこれをベースプリセットとして煮詰めていきましょう。

是非お試しください。また良い設定があったら私にもコメントで教えて下さい。
よろしくお願いします。

それでは楽しい配信を。GL HF!

© 2017 ブログときどきオトン