ブログときどきオトン

飽くなき好奇心で発信し続けるレビューブログ

スポンサーリンク

簡単なPEラインとリーダーの結びかたを説明するぞ!

こんにちは、こーんです。
先日やっと今年はじめての釣りに行くことができました。

このところ週末は家族とすごす時間を優先するために釣りは金曜日に夜釣りへ数時間ぐらいしか行けないのです。
よって短時間に釣果を出すというのがとても大事なんですね。

この日はアジング用のタックルとリグで3ヒット2バラシで結果セイゴ1匹の釣果でした。
アジが見つからなかった...。

アジングといえば最近の流行りは0.2号といった極細のエステルラインと1g以下の軽量ジグヘッドを使ったジグヘッド単体リグが主流です。

この釣り方はとても繊細で5フィート弱の高感度のショートロッドで、ジィーっとなるべく動かさないように粘る釣り方になりますが、手返しが悪いのと投げてもあまり飛距離が稼げないので小場所で足元付近の釣りになりがちです。そして風が強い日だとなおさら。

去年から幾度もこうした自然の壁にぶつかり釣りにならないなぁという経験をしていたので手返し重視の強い釣りに見直そうかなと考えています。

PEラインとリーダーの結び方の動画をアップしました。

わたしはバス釣りをしていたときからベイトとスピニングの両方のリールにPEラインを使っています。

面倒くさがりのわたしにとってはラインの巻き替えは面倒なので、釣果云々はともかくとして常時巻っぱなしで釣行毎にリーダーだけ結びかえるPEラインシステムが合っています。

ただ、リーダーとPEを結束するのがどうも苦手で電車結びでもきれいに結ぶのは意外と難しかったりしますし、PEとリーダーといえばFGノットですが釣り場でロッドを持ちながら、ラインを口でくわえてとかって結構たいへんなんですよね・・・。

そこでいろんな方の結び方や自分がカンタンで楽に結べる方法をあれこれと試してみて、とりあえずいまのところはこの結び方に落ち着いたので動画を撮りました。

暗くて見辛いかもしれませんが難しいことはしていないので、もし同じように結束方法でいまいちしっくりきていない方がいらっしゃいましたらご参考いただければと思います。



PEを使い始めのころはライントラブルが多かったのですが慣れてくると殆どノントラブルです。

強度にも優れ劣化にも強いのでPEラインシステムは重宝しますよ。

スポンサーリンク

毎週金曜日23:00〜ゲーム実況配信

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2018 ブログときどきオトン