ブログときどきオトン

ブログとオトンの成長の記録

ブログとオトンの成長の記録

スポンサー

オードリー 若林正恭のタレント力が気になる

わたしにとって大好きな芸人はダウンタウンであるのは間違いないだが、不思議に芸以外の発言に一切影響力を持たないのである。

浜ちゃん着ているカジュアルな洋服に興味が湧くこともないし、松ちゃんの趣味趣向も全く興味がない。

どこからどうみてもただの芸人さんにしか見えない。いや存在が遠すぎてプロの漫才師にしか。

贔屓にしている芸人さんであっても人間としてこれだけ興味が無いのも不思議に思うし、芸以外を感じさせない良い意味での面の厚さが魅力なのかなと思う。もちろん発言の影響力も含めてスゴイと思う。

ワイドナショーも報道というよりバラエティ番組だし松っちゃんのオチに期待している自分がいて話題はどうでもよかったりする。

去年のM-1はとても面白かった。審査員の話題もさることながらいろんな芸人の個性の光った大会だったと思う。

www.tokidokioton.com

わたしはいつも夜釣りに行くのだが釣りのお供にラジオを聴くことが多い。

夜のひとりの釣りは心細いもの。そんな時にラジオは暇つぶしにはもってこいなのである。

とくにオールナイトニッポンはお気に入りで金曜日は三代目J SOUL BROTHERSの山下健二郎の回はバス釣りの話題を話したりしている。

そして土曜日オードリーのオールナイトニッポンなのだがもう10年もパーソナリティーを務めていてなかなか長寿番組になっている。

www.oricon.co.jp

まぁ深夜番組のグダグダなトークでどうでも良い話が8割を占めるかなりゆるい構成なのだが流し聴きするにはちょうど良かったりする。

あまりにどうでも良すぎて聴きながら突っ込んでしまうのがリスナーとしての楽しみだったりしてユルい双方向性が成り立っていたりするのがオードリーの魅力かなと思う。

とくに若林は漫才ではツッコミ担当であるがラジオではずっとボケている。

いや、話がボケすぎてて春日が突っ込んでいる。もともとはボケツッコミも逆だったのも分かる気もするが。

そんな若林のM-1の話などから紹介される芸人に興味を持ってYoutubeでチェックしてみたり、テレビ番組の話題に気になってオンエアをチェックしたりしている。

なんだろうこの口コミの影響力は。

等身大とは違うけどそんな耳よりな話でもないのに若林の発言から何か見てみようというキッカケになること感じることが多くなった気がする。

深夜にオードリーが担当しているNFLの番組も何気にオードリーだから成立しているような番組だ。

この不思議なタレント力はなんなのだろうか。

ボヤきや面倒くさいトークばかりなんだが観ていて嫌味に感じないしむしろ見ている側と目線が絶妙なバランスで共感をうんでいるそんな力があるのがこの男の魅力なのだろう。

今田といい若林といい独身芸人は伸び伸び自由に生きてあるように見えて良いもんだと思う。

なんとなく現代の貯金するがクルマは買わない時代に合ってるんだろうな。

スポンサードリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2019 ブログときどきオトン