ブログときどきオトン

飽くなき好奇心で発信し続けるブログ

Google Chrome Bookmark Managerのすゝめ
パソコンを軽くして最速にする方法
ゲームを最高のパフォーマンスで遊ぶためのメモリ解放
チプカシ(チープCASIO)を買ってみた
マツキヨのエナジードリンクが最強らしいので飲んでみた
オピネルを買ったのでオイル漬けをやってみた
メガネのズレ落ち防止シリコンフックが良かった

スポンサーリンク

だれもが口を揃えて言う早くかえばよかった!高速リサイクラーを買ってみた

釣りをする人ならリールのラインの巻きかえは面倒くさいものですよね。

出番の少ないリールによってはずっと巻きっぱなしになっていることもあるんじゃないでしょうか。

ただ釣り人はラインだけで酒が飲めるぐらい関心は高いのにね。

そこで買いましたやっと。

第一精工さんの「高速リサイクラー2.0」

なかなか買う気にならないこのアイテム

欲しいけどリサイクラーを買う人って殆どいないですね。釣具屋さんで巻き替えしてもらう人もいますし、毎回自分で新品のラインにペンを刺して足の指に挟んで巻いたりとか悲しい風景は釣り人あるあるネタですよね。

そしてリサイクラーを購入する人はある意味一線を超えたアングラーの証しでもあります。

そして皆さん口を揃えて言うのが、

「早く買えば良かった…」

まあ、リサイクラーを買うなら他に買いたいものがあるんですよね。ラインもそうだしロッドだってリールだって。

だからリサイクラーを買う頃にはタックルが揃ってきて巻き替えのメンテナンスや釣行前の巻き替えなど準備に余念のない本気アングラーということですね。

構成はシンプルで本体とシャフトが長いのと短いのと2本。シャフトを止めるドライバーが1本とこれだけ。

取説も箱に書かれている解説のみで何もついてません。シンプル。

早速使ってみました。

シャフトは長い物しかほとんど使いませんね。これでスプールを最大5本まで束ねられるようです。

なるほどこれでスプールからリール、リールからスプールに順次巻き替えていけば良いのですね。

さっそくピンキーの0.3号をソアレBBにセットしてみました。

浅溝なので200m巻きだと全部巻ききれないことがわかりました。

半分の100mだけ巻くことにします。

いちどスプールからリールに200m巻いてみたところやはりスプールの端から少しはみ出すぐらいボリュームがでてしまうのでやはり半分にすることにします。

再度リールからスプールにリサイクラーのハンドルの回転で数えながら巻くと260回でした。つまり100mは130回転分リールに巻けば良いということです。

アジングだと100mもあればラインは充分です。キャストしても20mぐらいですし沈めても30mも使いません。

100mでちょうどスプールエッジすれすれぐらいに巻くことができました。ソアレだと下巻きなしでちょうど100mですね。

下巻きをしたい場合はこの状態から下巻き糸を巻いてスプールギリギリまで巻いてリサイクラーのスプールに下巻き用のラインとメインラインを別々に巻き戻します。

それを今度は下巻き糸から巻いてメインラインを巻けばリールにピッタリの下巻きができるわけです。

本来の使い方も

リサイクラーは巻き替えや下巻きの調整だけでなくラインを表裏に裏返して使えるというメリットがあるんですねリサイクラーですから。

リールからスプールに取ってさらにスプールを外してリサイクラーのもうひとつのスプールにとって裏返し完了。

そしてリールに戻せばOKです。

忙しいひともそうでないひとも

わたしはなかなか釣行に行けないので行くときは色々と試せるようにいくつもタックルを持ち込んで坊主のがれにあれこれ試すのが楽しみであったりします。

わたしのように数多くの釣行に行けないひとは釣行の支度をしているときが楽しいですよね。釣りに行くより楽しいときもあります。

もちろん準備して釣果が得られると最高なのですがなかなか釣りは甘くありません。そしてトラブルが多いのも釣り。下手するとライントラブルや仕掛けの準備で釣行時間の半分は釣りしてない時もあります。

なので釣りに忙しいひともそうでない準備から楽しめるひともリサイクラーは便利ですし、周りで釣りをしているひとがいたらプレゼントとしてあげたらめちゃくちゃ喜んでもらえると思いますよ。

決して高くないのですが釣り人にはなかなか買えないアイテムなんですよ。リサイクラーおすすめです。ぜひ。

第一精工 高速リサイクラー2.0

第一精工 高速リサイクラー2.0

スポンサーリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2018 ブログときどきオトン