ブログときどきオトン

飽くなき好奇心で発信し続けるブログ

Google Chrome Bookmark Managerのすゝめ
パソコンを軽くして最速にする方法
ゲームを最高のパフォーマンスで遊ぶためのメモリ解放
チプカシ(チープCASIO)を買ってみた
マツキヨのエナジードリンクが最強らしいので飲んでみた
オピネルを買ったのでオイル漬けをやってみた
メガネのズレ落ち防止シリコンフックが良かった

スポンサーリンク

サングラスメーカーのフレームを使ってメガネを作ってみた

こんにちは、梅雨ですね。

ジメジメとした湿気がわたしのこの世でいちばん嫌いなもののひとつですが歳をとって湿度を感じにくくなったのか、はたまた寝ている間にエイリアンにいぬやしき化されたのか湿度耐性が上がってきたこーんです。

今回は新しいメガネを作ったのでそのレポートです。

いつものようにメガネ屋さんで普通に買うのではなく、すこし変わったフレームで作ることにしました。

メガネ男子のこーんさんメガネまた買ったんですか?

はい、今回はサングラスで有名なオークリーとダンシェイディーズのフレームでメガネを作ってみたよ

オークリーてあのイチロー選手やロッシ選手とかかけてるサングラスメーカーですよね?

おお?詳しいじゃない。そうだよ。オークリーもレイバンも最近普通のメガネフレームも作ってるんだけどあえてサングラスのフレームをベースに作ることにしたよ


今回はオークリーのスポーティなフレームのなかでは珍しいウェリントンタイプの「フロッグスキン 」と最近気になったサングラスメーカーのダンシェイディーズの「FENTON」をベースにすることにしました。

jp.oakley.com

そういえば2016年ぐらいから急に丸メガネが流行って丸メガネ掛けているひと増えましたよね。

その前はウェリントンが流行ったよなぁ。
遅れてきたマイブーム。

いつもわたしの流行りは遅いんです。

フロッグスキンはオールドスクール調の変わらないデザインがいいんですよね。


いっぽうFentonはセルフレームだけど細身なのが特徴。形状は細身のウェイリントンです。

こちらは少し珍しいカタチでしょ?

dangshades.jp

オークリー フロッグスキン

うーん、やっぱりカッコいいですねーフロッグスキン 。ザ・サングラスて感じ。

ネットを見るとフロッグスキンでメガネや伊達メガネを作っている人もいますね。

わたしの尊敬する藤原ヒロシ先生もフロッグスキンユーザーですね。

うむぅ。この存在感がたまらないなぁ。

テンプルにはオークリーの特徴でもあるロゴが入ってます。

メガネとして常用するなら無くても良いのですが掛けると意外にそんなに目立たないというかデザインに吸収されて気にならないものです。

フロッグスキンでもわたしが選んだのはアジアンフィットのモデルですね。

本国アメリカ仕様より鼻当てが少し盛ってあるので鼻が低いアジア系の顔でもずり落ちしにくくなってます。

そもそもなぜ今回サングラスのフレームを使ってなのかという理由がここでずり落ちしにくいですよねサングラスて不思議と。

メガネみたいにフレームに金属が入ってないせいか顔の形に曲がりやすいからだと思います。

メガネ屋さんでレンズを入れてもらうためあらかじめサングラスは外しておきます。

フロッグスキンなどのサングラスはもともとレンズを換装しやすく出来ているのでレンズ上部を前面に指で押せば簡単に外せます。

ダン・シェイディーズ フェントン

ダン・シェイディーズですが最近SNSとかで見つけたブランドなんですがこちらもアメリカ発のスケートやスノーボーダー向けのファッションブランドみたいです。

テンプルが細いんですよ。
そして柔らかめのフレーム。

めちゃ軽いです。

JINSとかでいうエアフレーム的な感じですね。

ボーダー向けのファッションブランドというだけあって壊れにくいというか頑丈というわけでなくとにかく軽く柔らかくしなやかな感じです。

こちらもレンズをポンと外して度入りレンズを入れる準備をしておきます。

これで準備オーケー。

ホームセンターのメガネコーナーでレンズ購入

過去に3本ぐらい作っているのでカルテがありすぐに作ってもらえます。

いちおう直近で作ったメガネ屋さんの記録を持っていって比べてもらいましたが度は以前と変わっていなかったです。

通常だと3,300円で入れられるのですがあいにくこの日はレンズの在庫がなくブルーライトカットレンズかハードコートレンズしか在庫がなかったので仕方なく1,000円割高となりますがハードコートにしてもらいました。

2本合わせて8,600円也。
通常1本3,300円でレンズ入れれるなら安いですよね。

わたしは特価1,000円のフレームでも作ったことあります。

いちおうフレームは持ち込みなので保証は効きませんが、レンズも持ち込みだと外れやすい可能性もあるため保証はつかないのであくまでも自己責任での利用に限られますので気をつけましょう。

完成しました

1時間ほどの待ち時間で無事に完成しました。
仕事が早いです。すばらしい~。

どうですか?

メガネ屋さんのフレームとはちょっと違いますがカジュアルに服装と合わせて使わけるのもメガネ男子のおしゃれですね。

フロッグスキンでメガネ作りできた~!いいね!

わたしは視力が10.0なので気持ちは分かりませんがわたしもうれしいです!

目よすぎっ!

近所にレンズを入れてくれるメガネ屋さんがあると便利です。

ホームセンターのメガネ屋さんだと対応してくれるところも多いのはないでしょうか。

なんといってもホームセンターはDIYのお店ですからメガネもいろんなフレームを使ってDIYしてみてはいかがでしょう。

ダン・シェイディーズのフェントンはリーズナブルなので普通にサングラスで買うのもおすすめ!

スポンサーリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2018 ブログときどきオトン