ブログときどきオトン

飽くなき好奇心で発信し続けるブログ

メガネの合わせ方とズレ防止鼻パットについて
チプカシ(チープCASIO)A168WA-1とA158WA-1JFを買ってみた
マツキヨのエナジードリンクが最強らしいので飲んでみた
オピネルNo.9を買ったので定番儀式のオイル漬けをやってみた
メガネのズレ落ち防止にシリコン耳フックが思ったより良かった
電池交換

スポンサーリンク

2ウィークコンタクトレンズはこの組み合わせに決まり!ボシュロム メダリスト2 & アルコン クリアケア

こんにちは眼鏡男子のこーんです。
最近ついにコンタクトデビューしました。

コンタクトデビューすか?

タメ口かよ!

タメ口最近学習したんですよ褒めてください

褒めるか!

メガネ男子だったのですがコンタクトレンズに目覚めて最近はもっぱらコンタクト派です。

釣りをしてると偏光グラスを掛けたいときにメガネの人は度入りで作らないといけないのでワンデータイプのコンタクトを以前から作ってはいましたが常用するは初めてです。

とりあえずではあるが

今使っているコンタクトはボシュロムのメダリスト2です。

メダリスト2はいわゆる2ウィークタイプ。

ワンデーと比べると厚みがあるんですね。

何が違うのか分からなかったのですが厚みがあることで14日間の運用ができるそうです。

メガネ派だとなにも知らないんですよね。

とりあえずメダリスト2ではありますがメガネと違ってアレコレと試す意味もないのでこれで満足です。

ただコンタクトてメガネ派からすると微妙に見えかたが違いますね。

同じ度数でもメガネのほうがよく見えます。レンズとの距離感なのがコンタクトといってもメガネとは違うのだなと。

2ウィークだとメンテナンスが大事

ワンデータイプだと1日付けて捨てるだけでしたが2ウィークタイプは毎日の洗浄と消毒が必要です。

レンズに付着した汚れやタンパク質、雑菌の除去をしないと不衛生なため眼の病気をまねいてしまいますのでよく洗う必要があります。

洗うのが結構難しいんですよね。

毎日の洗浄が面倒くさくてコンタクトレンズを嫌がる人もいるほど。

わたしも最初は洗浄液で手洗いをしていましたがとても面倒でした。

しかし洗わなくてよい洗浄液があるんですね。これは目から鱗でした。

コンタクトレンズを洗わなくていい洗浄液

クリアケアは過酸化水素水のコンタクトレンズ専用洗浄液。

過酸化水素水て懐かしいですね。

H2O2です。

酸素を作る実験で使いましたっけ。

酸素を飛ばして中和するとH2Oつまり水になるわけです。この酸素のシュワシュワでコンタクトレンズの消毒と洗浄をしてくれます。

専用の洗浄ケースが付いているので左右それぞれのコンタクトを容器にセットします。

とくに決まってないので好みの色でわけておきましょう。

ボコッと膨らんだところに外したコンタクトレンズをセットします。

これも簡単。

なんとなく眼に触れる側を外側に向けたいですが特に気にせずにセットします。

容器の真ん中ぐらいまで洗浄液を充填します。

入れすぎるとセットしたときに溢れてしますのであくまでもラインの位置まで。

蓋をねじ込んでセット。

入れた瞬間から泡がシュワシュワ~っとでて洗浄開始です。

気持ちよさそう~

動画にしてみました。

中和されるまで無限にシュワシュワ~が続きます。

f:id:coizne:20180804024740g:plain

中和が完了するまで6時間かかります。

この泡で汚れを取ってくれるんですね。

中和が終わると完全な水になるのでそのままコンタクトレンズを取り出してつけることができます。
これがなんとも便利。

つけ心地もいいですし手洗いしなくても毎回レンズがリセットされるので安心して使えます。
この便利さは手放せないですね。

まだ慣れないコンタクトレンズ生活ですが毎日のお手入れが楽になったので特に意識しなくても使えるようになると思います。

メガネ派の方もコンタクト試してみてはどうでしょう?
Amazonで簡単に買えますしメガネの度数で買えますから簡単ですよ。

スポンサーリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2018 ブログときどきオトン