ブログときどきオトン

ブログとオトンの成長の記録

ブログとオトンの成長の記録

スポンサー

ペンタブを手に入れた!

f:id:coizne:20210506150435j:plain

パソコンでお絵描きてずっと前から憧れてたんですよねぇ。

あまり絵を描く機会がないので全く上手くないですけど、サラサラと簡単なイラストが描ける才能が欲しい。

絶対いろんな役に立つと思うんですよね。

f:id:coizne:20210506150439j:plain

そう思っていながらずっと買ったこと無かったんですが、ついに手に入れちゃいました。

Wacomの「intuos CTL-4100WL」というモデルになります。

f:id:coizne:20210506150443j:plain

使ってみた感想なんですけど、正直言って使いにくいです。

というか、違和感ありありで独特の操作感に戸惑うんですよね。

手描きといえば手描きなんですけど、ペンタブというかいわゆる「板タブ」というやつなので、手元は見ずに画面を見ながら描く感覚に慣れないというか。

液タブにはない良さが板タブにはある

板タブて安いんですけど、液晶型タブレット(通称:液タブ)みたいに、手元を見ながら描く感じと違って独特の感じなんですよ。

といっても元々マウスなどで描いているのと同じとすれば、当然といえば当然なんですけど、紙に描く感じと同じ液タブに比べるとなんだか劣ると思われがち。

ただ色んな方の「板タブ vs 液タブ論争」を見ていると、どっちもどっちな感じでワタシとしては「板タブ」がいいなと思いました。

なのでワタシは「板タブ派」ですね。

とにかく、早くこの操作感や感覚に慣れることが大事みたい。

ずっと描ける。ずっと残せるのがうれしい

紙とペンで描くのと違い、ペイントソフトで絵を描くのはとても楽しいです。

好きな色のペンが持てるし、色んな種類のペンや太さや自由自在ですから、絵を描きたい人にとってはまさに魔法使いになったように描けます。

f:id:coizne:20210506104432p:plain

例えば、線画で下絵を描いてみます。

今回は「ちびどん」がペンタブで絵を描く様子をスケッチ。

f:id:coizne:20210506104445p:plain

下絵が描けたらレイヤーを重ねて色を塗ります。

レイヤーとは透明のシートみたいなものを被せたイメージ。

つまり下絵に手を加えることなく、色付けだけのシートを重ねるので何度でも塗り直しても、問題ありません。

f:id:coizne:20210506104456p:plain

そして吹き出しにセリフを活字で入れてみたり、写真や素材やテクスチャなどを背景に入れたり、簡単で色んなアレンジが楽しめます。

まだ手が思うように動かないけど、慣れればかなり良さそうな気がします。

上達していつかは…

漫画家やイラストレーターにはなれないけど、絵が好きでちょっとしたイラストや挿絵が描けたらなと思います。

仕事柄、プレゼン資料を作る機会が多いのでちょっとした絵が欲しい時とかあるんですよね。

素材集で探すのも大変ですし、自分でサッと描けるとステキですよね。

なーんて夢が膨らみます。

今年はイラスト描きと本を読むのを頑張ろうかなと思ってるので、1年後の成果が楽しみです。

スポンサードリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2021 ブログときどきオトン