ブログときどきオトン

飽くなき好奇心で発信し続けるブログ

Google Chrome Bookmark Managerのすゝめ
パソコンを軽くして最速にする方法
ゲームを最高のパフォーマンスで遊ぶためのメモリ解放
チプカシ(チープCASIO)を買ってみた
マツキヨのエナジードリンクが最強らしいので飲んでみた
オピネルを買ったのでオイル漬けをやってみた
メガネのズレ落ち防止シリコンフックが良かった

スポンサーリンク

時計の電池交換は自分でやってみよう!

こんにちはこーんです。

みなさん時計の電池交換ってどうしてます?
時計店に持ち込んで交換するのが普通だと思います。

先日はG-Shockの電池が切れたので交換したばかり。

www.tokidokioton.com

こんどはDIESELの時計の電池が切れたので同じように自分で交換することにしました。

腕時計の電池ですがコンビニや100円ショップ、ホームセンターで普通に売ってるものですから自分で簡単に交換できるんですよ。
時計屋さんに持っていく必要はまったく無いんです。

簡単なのでぜひ自分で交換してみてくださいね。

電池交換はかんたん

電池交換に用意するのはドライバーセットと交換用の電池。

ドライバーは100円ショップの精密ドライバーセットでOKです。
つまり100円。

あとは交換用の電池が250円ぐらい。
合わせて350円ぐらいですから安いもんですね。

時計店に持ち込むと1500円ぐらいとられますからね。

裏フタが外しやすいように時計バンドを外します。

画鋲や先の尖ったピンセットなどがあるとピン外しや細かい作業には便利です。

専用工具もダイソーなどで購入できます。

裏フタを外すと電池が見えます。

G-Shockもそうでしたがだいたい中フタがついてますので慎重に取り外して電池を交換しましょう。

古い電池を外して新しい電池に交換します。

時計の電池ってフタを開けて確認してみないと電池の種類がわからない場合が多いです。

実際はフタを開けて確認するところまでは事前にやることになりますね。

電池を入れ替えたら秒針が動いているか確認しましょう。

問題なく動いているはずです。

問題がないことを確認したら分解と逆の手順で組み立てましょう。

ベルトのピンを戻してこれで作業は完了です。

今回使用した道具です。

精密ドライバーのプラスの一番小さいサイズとセラミックピンセットを使いました。

セラミックピンセットは絶縁体なので電子工作作業には便利ですよ。
私は電子タバコを吸うのでコイルを巻いたりする作業用に使っていますが時計の電池交換にも便利ですね。


腕時計の電池交換は

時計屋さんに持ち込む必要はほぼ無いといって良いでしょう。

交換電池さえ買ってくればほとんどコストはかかりません。

裏フタがドライバー1本で開くタイプなら自分で交換してみてください。

次回は裏フタがねじ込み式になっているタイプについて紹介したいと思います。

その時計も電池が切れたので……

一気に3本まとめて切れますかねホント

スポンサーリンク

このブログについて  広告に関する免責事項 アクセス解析について RSS

© 2017-2018 ブログときどきオトン